伝統の技術と豊富な経験に裏打ちされた
満足度の高い住まいを。
豊かな森林資源に恵まれた国には木の住まい。建築用に適した石材を産出する国には石の住まい。住まいは、その国特有の気候風土と密接な関係を持っています。日本は、世界でもまれにみる木の文化圏。古くから、独自の木造住宅が進化を遂げてきました。本多産建の戸建住宅は、木造住宅の伝統を基本に、最新のテクノロジーと設備をそなえた新時代の木造住宅です。その好例が、「寄せ棟」と「入母屋造りの家」。長年にわたって培われてきた木材加工技術が、その意匠にいかんなく発揮されています。しかも、日本人に馴染みの深い伝統的なフォルムの中に、優れた堅牢性・高い耐震性・断熱性・遮音性・気密性など、住宅に求められる数々の優れた性能をしっかりと備えています。本多産建の長年の経験と最新の技術から、施主様のご意向にかなった“満足の結晶”ともいえる住まいが生まれます。