【沿  革】
昭和元年1月 先代本多望能が鉄道省指定枕木並びに建築材等製材業を創業
昭和16年10月 本社(宇佐市大字森山1721-1)に製材工場建設
昭和25年1月 株式会社に改組
昭和29年4月 本多望能四日市町町長に当選のため本多睦治取締役社長に就任〈昭和34年〜42年、本多望能大分県議会議員を務める。〉
昭和41年3月 全オートメーション工場、改新築竣工
昭和49年12月 宅建事業部新設
昭和52年1月 大分県北初の住宅金融公庫計画建売住宅52棟を販売
昭和53年10月 事務所新築竣工
昭和55年2月 宅建事業部を分離し、株式会社本多産建として発足、本多睦治代表取締役社長に就任
昭和58年6月 国道10号線沿(四日市)現社有地に事務所を移転し、新社屋を建設並びに資材倉庫完成
昭和62年9月 福岡支店(福岡市東区箱崎1-27-19)を開設
昭和63年10月 分譲マンション販売開始
平成6年5月 福岡支店を(福岡市博多区博多駅前3-23-12)に移転
平成8年5月 本多睦治は代表取締役社長を辞任し、代表取締役会長に就任。後任として副社長大園弘毅が代表取締役社長に就任
平成13年3月 本社社屋新築完成